便利で初期費用0円の介護保険請求ソフトの紹介

多数の入居者を管理する介護業務は大変な仕事です。
http://www.kagayakiplan2.com/
これまでわずらわしかった、介護保険料の請求を、一手にまかなえる便利なソフトがあるのを御存知でしょうか?

NTTDATAが提供するサービス、「かがやきぷらん2」(http://www.kagayakiplan2.com/)は、インターネットに繋がるパソコンさえあれば、初期費用0円で利用できる介護保険請求ソフトです。
申請した翌営業日にパスワード発行ですぐに利用でき、高額なソフト購入費用も、インストールも不要です。
インターネットを通しての配信ですので、いつでも最新式のバージョンを利用でき、制度改正にも即座に対応。通話料無料のヘルプデスクが用意されていますので親切丁寧で安心です。

特筆すべき機能として、国保連伝送サービスがあります。
これまで国保連に伝送を行うのには、ISDN回線とターミナルアダプタ、国保連伝送ソフトが必要となっておりましたが、
「かがやきぷらん2」を利用する事により、これらが無くても対応できるようになります。
毎月発生するISDN回線費用がかからなくなり、これらの手間を大きく短縮できるこの機能、
他社のソフトで作成した伝送ファイルも取り込んで伝送する事ができますので、伝送サービスだけでも利用する事ができます。
また、利用者請求分の回収を代行業者に委託するサービスもありますので、利用者さまのわずらわしさを解決するばかりか、
回収の取りこぼし、回収にかかる稼動の増大も防ぐ事ができ、業務の負担を軽減する効果が期待できます。

有料プランも気軽にお試しできる最大2ヶ月キャンペーンを行っておりますので、ぜひ一度お試しください。

介護訪問ソフトの特徴。

みなさんは、「介護保険ソフト」というものを耳にしたことはありますか?

介護保険ソフトとは、介護保険報酬請求業務を行うためのソフトウェアであり、この介護保険ソフトを使用することでより効率よく業務を行うことができるようになります。

介護保険制度は非常に複雑なものであり、専門的知識が求められます。

そのため、この介護保険ソフトを導入することで、円滑に業務を進めることが可能になります。

一般的な介護保険ソフトに備わっている機能として、

・台帳の管理

利用者、取引先、職員、ケアマネージャーなどの情報を一括で管理することができます。

・計画書の作成

事前影響評価、各種サービスの計画書を素早く作成することができます。

などがあり、他にも請求書の算定や作成を行う利用者請求、さまざまな台帳の作成時間短縮をはじめとする機能もあります。

また、場合に応じてソフトを組み合わせることができるというプランもあります。

・居宅介護支援ソフト

・訪問介護ソフト

・デイサービスソフト

・複合型サービスソフト

などがあり、事業所の状況に見合った組み合わせが可能です。

介護保険ソフトを導入することで事務省力化につながります。

面倒な業務を一括管理してくれますので、便利です。