来冬使いたいと思った優れものとは

エプソンプリンター対応インク【こまもの本舗】エプソンのインクカートリッジが、メチャメチャ安い▶こまもの本舗エプソンのカートリッジ◀で、面白いグッズを見つけました。

来年の冬用に購入しておきたいとおもってしまいました。
それは、電源ON/OFFスイッチ付きの、USB膝掛けブランケットなのですが、使い勝手がよさそうです。

寒いときにはUSBにケーブルを差し込んでホットブランケットとして使い、ホカホカしてきたらスイッチをOFFにすると膝掛けになるという優れもの。スイッチの場所もよく考えられており、手元にあるので、ON/OFFの切り替えが便利です。

こんなに便利なアイデア商品が、1480円は安いでしょう。

エプソンのインクカートリッジも、ホント安くて、超ハイクオリティ6色セットのまとめ買いで、LC70互換インクを、もう1セットもらえるという、実にお得感が満載です。

かと思えば、数量限定ではありますが、わけあり特価のセットもありますよ。

エプソン、キャノン、ブラザーの、互換インクをまとめ買いすると、ノズルにこびりついた頑固な汚れもスッキリ落とすことができる、プリンターヘッド洗浄液がついてくるそうですよ。
しかも、染料、顔料どちらのインクを使っているプリンターにも使用できるという優れものです。
すごいでしょう。

サーバ仮想化のメリット

IT部門ではサーバ仮想化が話題になっています。

なぜサーバ仮想化が話題になっているかというと、ITはお金も手間もかかります。
サーバの増設に関してもお金も手間もかかる上に、フル稼働しているサーバは少数で他のサーバは稼働していない場合もあります。
これではただ無駄がどんどん増えるだけですよね。
そこでサーバ仮想化が注目されているんです。

サーバ仮想化をすると、この問題が解決されます。
全てのサーバを均等に稼働させることができ、コストカットにもつながります。
均等に稼働させることができるとアクセスが集中してもサーバが落ちることも少なく、仕事の効率化にもつながります。

このようにサーバ仮想化にするとメリットがたくさんあります。
導入を検討している企業もたくさんあることでしょう。
VMware

サーバ仮想化の導入を検討しているならhttp://vmware-juku.jp/を見るのがオススメです。
サーバ仮想化の詳細が書いてあります。
説明は画像はもちろん動画紹介もあるので、よくわからない初心者の方にもわかりやすいです。
さらにセミナー案内もあるので、参加したい方にもいいでしょう。

実際にVMwareを採用した企業の事例もあるので、参考にできますよ。

サーバ仮想化はメリットがあるとわかっていただけたと思います。
ぜひ検討してください。

便利で初期費用0円の介護保険請求ソフトの紹介

多数の入居者を管理する介護業務は大変な仕事です。
http://www.kagayakiplan2.com/
これまでわずらわしかった、介護保険料の請求を、一手にまかなえる便利なソフトがあるのを御存知でしょうか?

NTTDATAが提供するサービス、「かがやきぷらん2」(http://www.kagayakiplan2.com/)は、インターネットに繋がるパソコンさえあれば、初期費用0円で利用できる介護保険請求ソフトです。
申請した翌営業日にパスワード発行ですぐに利用でき、高額なソフト購入費用も、インストールも不要です。
インターネットを通しての配信ですので、いつでも最新式のバージョンを利用でき、制度改正にも即座に対応。通話料無料のヘルプデスクが用意されていますので親切丁寧で安心です。

特筆すべき機能として、国保連伝送サービスがあります。
これまで国保連に伝送を行うのには、ISDN回線とターミナルアダプタ、国保連伝送ソフトが必要となっておりましたが、
「かがやきぷらん2」を利用する事により、これらが無くても対応できるようになります。
毎月発生するISDN回線費用がかからなくなり、これらの手間を大きく短縮できるこの機能、
他社のソフトで作成した伝送ファイルも取り込んで伝送する事ができますので、伝送サービスだけでも利用する事ができます。
また、利用者請求分の回収を代行業者に委託するサービスもありますので、利用者さまのわずらわしさを解決するばかりか、
回収の取りこぼし、回収にかかる稼動の増大も防ぐ事ができ、業務の負担を軽減する効果が期待できます。

有料プランも気軽にお試しできる最大2ヶ月キャンペーンを行っておりますので、ぜひ一度お試しください。